外貨投資/為替のテクニカル分析

外国為替のテクニカル分析について説明致します。

為替のテクニカル分析 Gaika.point

テクニカル分析はチャートという、為替変動をグラフにした表を使って、今後の為替変動を予測する分析方法です。

ローソク足

ローソク足とは、寄り付き、高値、安値、終値をひとつのローソクの形に似た記号で表わしたものです。 ローソクに似ていることから、ローソク足と呼ばれるようになった。

ローソク足の形で、ある程度の判断が出来ますが、他のテクニカル分析と併用して使う方がよいでしょう。日本が生んだ、代表的なテクニカル指標の一つです。

移動平均線

移動平均線とは、テクニカル分析手法のひとつで、過去一定期間の価格の平均をグラフ化したもの。
移動平均線と実際の価格との乖離から相場を予測することができます。

トレンド・ライン

トレンド・ラインとは、チャートの上部分と下部分をつないで、直線にしてこれからの株価の傾向を大まかに掴むために引く補助線。

オシレーター

オシレーターとは、相場の強弱を表す指標で、価格の絶対水準とは無関係に売り・買いの判断をするチャートのこと。

一目均衡表

一目均衡表とは、基準線・転換線・遅行スパン・先行スパンA・先行スパンBで作られる抵抗帯と呼ばれる価帯を、ローソク足と比較して価格水準を判断し時間の概念を取り入れたチャート。

RSI

RSIとは、テクニカル分析の1つで株式が買われすぎ、売られすぎを判断する指標。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線をもとにして、相場の反転及び保合い放れを判断する指標。分類としてはトレンド系