外貨投資/株式市場と為替の関係

株式市場と為替の関係について説明致します。

株式市場と為替の関係 Gaika.point

株式市場と為替には株高のときは円高、株安のときは円安という基本的な関係があります。

世界中の投資達は利益の出そうな国に投資をしています、日本の経済が上向きで株式市場が上昇してくれば当然外国人も日本の株式を買いにきます。

しかし日本の株式を円以外の通貨で買うことはできませんので、手持ちの通貨を円に変える必要が出てきます。

つまり株式を買うために円を買い結果として円高になるということです。

株安のときに円安になるのも同じ理由からだといえるでしょう。

日本株式を買っているのは誰なのか?外国人か、日本人かで株価と為替の関係も大きく違ってきますので外国人投資家の動向を見極める必要もでてきます。

以上のように株と為替にはある程度の連動性があります

株価と金利の関係

株価は、金利と密接な関係があります。金利が下がると株価は上昇し、上がると下降します。

なぜかと言えば、金利が上がれば預貯金の方が良いと思う人が増え株式市場にお金が集まらないからです。

たとえば、インフレの場合、公定歩合の引き上げ等の対策が取られます。高金利で預貯金が増え株式市場にはお金が集まらない。

その状態が続くと経済は悪化してデフレになります。

そうなればまた公定歩合の引き下げ等の対策が取られ、株式市場にお金が回ってきます。